2009年12月09日

やっぱり今後狙う市場は北米でなく中国・アジア?

 イオンが北米で展開していた衣料品子会社を投資ファンドに譲渡するそうです。業績不振のためだそうで、今後は経営資源をアジアに集中するとのこと。現在の経済状況で業績が落ちているイオンとしては不採算部門を切り捨てて今後伸びると思われる市場に集中しようということだそうです。経営として選択と集中は当たり前の話で不採算のところは早めに捨てて今後可能性あるところに集中するというのは分かります。やはり、北米は市場として成熟しているので魅力的でないということなんでしょうか?けれど、中国が今後伸びるというのは分かるけど、同じことは当然他社もそう思っているわけでそこは競争が激しいですよね。そこらへんはどうなるんでしょうね。北米子会社譲渡により資金を得られるので、そのお金を中国で使うんでしょうけど、激戦区で勝てるだけの武器が欲しいところですよね。

―――――――――――――――――――――――――――――――

 イオンは9日、子会社の米衣料品大手、タルボットの全株式を譲渡すると発表した。タルボットの業績不振が続き、経営の重荷となっていた。イオンは北米事業から撤退し、経営資源を中国などアジアに集中させる。

 タルボットは来年2月、米投資ファンドBPWと合併。イオンは保有するタルボット株(発行済み株式の約54%)すべてをタルボットに譲り渡し、タルボット向けの融資約200億円の返済を受ける。

 イオンは、日本での消費低迷が響き、09年8月中間連結決算で146億円の最終(当期)赤字を計上した。赤字が続いていたタルボットとの資本関係を解消することで、経営の立て直しを図る。

*参考URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091209-00000023-mai-bus_all
posted by もりもり at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

景気はさらに悪くなっている?

 昨年秋のリーマンショック以来景気は悪いですが、各国政府の景気対策が功を奏し世界的には底をうっているもしくは徐々に回復してきています。その傾向が顕著に出ているのが株価でどこの国も結構な上昇率で株価は回復してきています。唯一取り残されているのが日本で、日経平均の出遅れ感はちょくちょく言われているところです。12月に入ってからは急騰して一万円台を回復しましたが、夏から11月にかけてはぱっとしませんでした。それを裏付けるように本日内閣府が発表した11月の景気ウォッチャー調査では、景気の現状判断DIは33.9と前月比では7.0ポイント低下し、現行ベースで過去最大の低下幅となっています。2ヶ月連続の低下で政権交代してからは何か景気がさえないというのが裏付けされた格好になっています。記者説明を行った津村啓介・内閣府大臣政務官は、政府の対応が一方向に心理を冷やしたわけではない、と説明したそうです。まあ、政府側の面子もあってなかなか自分たちが悪いということを認めたくないのでしょうけど。どうでもいいから景気の良い話を聞かせて欲しいものです。 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――

内閣府が発表した11月の景気ウォッチャー調査では、景気の現状判断DIは33.9、前月比では7.0ポイント低下し、現行ベースで過去最大の低下幅となった。低下は2カ月連続。横ばいを示す50の水準は32カ月連続で下回った。
 
*参考URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000270-reu-bus_all
posted by もりもり at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

トヨタの新型ハイブリット車が発売されました

 7日にトヨタのセダン型の高級新型ハイブリッド車(HV)「SAI」(サイ)が発売されました。すでに10月20日から予約受注を始めており、受注件数は1カ月で、月間販売目標(3000台)の4倍以上となる1万4000件を突破したとのこと。エコカー減税の話もあるとは思いますが価格は338万〜426万円とやっぱり高いにも拘らず、これだけ売れるというのはすごいですね。今後どういった商品が売れるかということに関して、これまでとは傾向は変わってくるとは思いますが、新しいキーワードの一つして“エコ”というのはあるのかな?とは思います。消費者は今後“環境に良い”という商品を選ぶようになるのでしょう。ただ、昔の“健康に良い”と言われた“健康食品”が最初は怪しいものがたくさん出たように“環境に良い”と言われる商品も本当に環境に良いのかどうか怪しい商品もたくさん出てくると思います(決してトヨタのハイブリットが怪しいと言っているわけではありません)。某非木材紙や割り箸を使用しない運動なんか典型ですが、きちんと科学的根拠無しにイメージだけでエコだと言う話が多すぎると思います。もう少しマスコミの方たちを始め世間を先導していくべき人は勉強してもらいたいものです。

―――――――――――――――――――――――――――――――

 トヨタ自動車は7日、セダン型の高級新型ハイブリッド車(HV)「SAI」(サイ)を発売した。同社としては、トヨタブランドの「プリウス」、レクサスブランドの「HS250h」に続く3車目のハイブリッド専用車。すでに10月20日から予約受注を始めており、受注件数は1カ月で、月間販売目標(3000台)の4倍以上となる1万4000件を突破した。

*参考URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091207-00000509-san-bus_all






トヨタリコールCMは実はハイブリッド車のCM? ([の] のまのしわざ)

トヨタリコールCMは実はハイブリッド車のCM? トヨタによる、TVCMで謝罪、リコールのお知らせが開始されています。 ところがその内容がちょっといただけないとの評判。 誠意の伝わらないトヨタの謝罪CM - 吉井誠のペルソナ手法日記 ...



ねこみみeveryday: トヨタのハイブリッド車リコールとカスゴミ報道

もちろん大きく取り上げられるのは、『トヨタ』であること・その主力技術である『ハイブリッド車』であることだと思いますが、報道の内容を見ると、あまり技術的なことには突っ込んだものはなく『さわり』程度で、会社や社長の人的責任に終始しているよう ...



Toron とWindows 、 Winy とYoutube、 Toyotaと Ford・・・・ 緑と青の ...

きほんてきにToyotaの件は、ユーザーのハイブリット車に対する無知が大きい。技術陣はまったく故障者ではないと今でも胸を張るのは解る。・・・・まぁ、対応がだめだったということらしいがね、アメリカに睨まれたらば、検察ににらまれた政治家と ...



トヨタ自動車がハイブリッド車4車種をリコール ええっ、急加速も ...

最先端ハイブリッド車4車種のリコール(無料の回収・修理)をトヨタ自動車が国土交通省へ届け出ました。 0 プリウス. 0 SAI(サイ). 0 レクサスHS250h. 0 プリウス プラグインハイブリッド. いずれも、昨年2009年に発売された最先端技術を ...



トヨタの不具合はハイブリット車特有の電子制御が原因 フォードでも同 ...

ワールド・エンタメ・ニュース☆23カ国語対応のトヨタの不具合はハイブリット車特有の電子制御が原因 フォードでも同問題が発生に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)【2月5日 AFP】トヨタ自動車(Toyota Motor)の大規模リコールが、 ...



コラムyokoze「プリウスはトヨタの象徴」: よこぜログ

ほぼすべての日本車がエコカーにカテゴライズされてしまう、言ってみれば自民党の置き土産の自動車業界救済政策ですが、その中でも特に優遇されていたのがトヨタプリウス。ハイブリットカーの税金はなんとゼロです。このエコカー減税は見事に新型プリウス ...



ハイブリットバイクですか・・・試乗してみたい モーターサイクルの ...

ハイブリットカーと言えばトヨタ&ホンダですからね(トヨタは、とんでもないことになってますけど・・・) なんだかんだ言って、ハイブリットは日本の技術と言う感じですけど、 イタリアのピアジオが出しますか、、、しかも、バイクで(w; ...



トヨタに逆風だが: タネがいっぱい

売れているトヨタのハイブリッドカー「プリウス」。 小生はレンタカーで借りて、北海道を走っただけですけれど、ホントに静かでいいクルマですね。 ま、長期にわたって保有するとなると、バッテリーがどのくらい使えるのかとか、いざ交換が必要になったら ...



新型プリウスがブレーキ不具合でリコール|17万台以上対象のトヨタ自動車

新型プリウスがブレーキ不具合でリコール|17万台以上対象のトヨタ自動車トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)の新型「プリウス」にブレーキの不具合が発生している問題で、トヨタ自動車が国内でリコール(無料の回収・修理)を余議なくされております。 ...



Do you remember rock'n' roll radio?: トヨタの問題がマスメディア ...

トヨタの問題がマスメディア報道されるというのは・・・. トヨタのハイブリッド車・プリウスのブレーキ、フロアマットあるいはアクセルペダルの不具合の問題が、このところメディアで大きく報道されるようになりましたね。 なんでも、ブレーキが一時的に ...



トヨタのリコール。日本人はもっとトヨタを応援しようよ! - 雨男 ...

トヨタは2月9日、ハイブリッド車(HV)新型「プリウス」などHV4車種、計約22万3000台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。ブレーキ制御装置の不具合が原因。国交省によると、不具合が生じたのは、急ブレーキをかけたときに ...


posted by もりもり at 21:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。