2014年03月09日

心配するなかれ。一日三回ちゃんと食べろ。

今週の言葉は
「心配するなかれ。一日三回ちゃんと食べろ。祈りを唱えろ。あなたに金を貸している人に対して、丁重であれ。消化をよくしておけ。運動しろ。ゆっくりくつろいでやっていけ」
(エーブラハム・リンカーン:1809〜1865年。米国第16代大統領。)
です。

お祈りとか金を貸している云々はともかく、仕事なり人生なりで重要なことはそんなに変わらないのだと思います。

一日3度の食事をキチンと栄養バランス良く取って、適度に運動し、休養を取り、肩肘張らず前向きに物事に取り組む・・・。

今朝の7時から放送されている「健康カプセル」で司会の三宅裕司、「結局健康であるためには、バランス良く栄養を取って運動することだね」と言っていましたが、何でも大体刃平凡なことに行き着くものです。

 重要なのは、その「当たり前のことを当たり前に行い、やるべきことを淡々とこなす」ということだと思います。「凡事継続」という言葉があります、「平凡なものを継続して行っていく」事こそ重要なことだと思います。 


posted by もりもり at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

成長していないなら、死にかけているんだ

今週の言葉は
「成長していないなら、死にかけているんだ」(ウォルト・ディズニー:1901〜1966年。アメリカの映画制作者、監督。)
です。

 「成長」とは何か?ということなんですが、年齢を重ねると肉体的には成長しなくなってしまいますが、精神的、人間的に成長することは可能だと思います。その後者の“成長”もしなくなった場合、生きていないことになるのではないでしょうか?

高齢の方でも精神的に元気でまだまだ様々なことに挑戦するぞ、という人もいますし、若くてもチャレンジせず、成長する気が無い人もいます。

松下幸之助の言葉に『青春とは心の若さである』というのがありますが、いつまでも心の若さを保って成長していくようにしたいものです。  


posted by もりもり at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

まず、志を高く持ちなさい

“志”つながりで林文子さんの言葉を紹介します。

・・・・・・
まず、「志を高く持ちなさい」ということを言いたい。
志の低い人は、ダメです。また人間的にも優れていないといけない。
人格・品格の無い人に起業は無理です。限りのある人生なんだから、品格高く、志も高く生きてほしい。

ベンチャーで成功するしないは、大したことではありません。
成功して得られるお金なんて儚いものです。

それよりも、成功するために必死に勉強したり、努力したりすることの方が大事。だから、若い人は高い志を持って、一生懸命に努力してほしい。
・・・・・・


林 文子さんといえば、現在は横浜市長ですが、その前はファーレン東京株式会社代表取締役社長、ビー・エム・ダブリュー東京株式会社代表取締役社長、株式会社ダイエー代表取締役会長兼最高経営責任者、日産自動車株式会社執行役員、東京日産自動車販売株式会社代表取締役社長などを歴任した、バリバリのキャリアウーマン、実業家です。

女性でここまでの方は国内でもほとんどおられないと思います。興味深いのは、“志を高く”、ということと同時に“人格・品格も高く“と言われていることです。仕事は人間が進めるものです。したがって、その仕事に進める人の人間性も反映される、ということでしょうか?聖人君子になれとは言いませんが(というか自分がなれない)、少なくとも社会人として当たり前のマナーを身に付けて、まともな人間である必要はあると思います。

posted by もりもり at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。