2015年11月23日

努力というのは 目標を達成するためにするもの

久々漫画ネタです。週刊少年ジャンプで連載中の「ワールドトリガー」という地味なSF漫画があります(なぜかアニメを日曜朝6時半から放映中)。異世界からの侵入者への対抗組織であるボーダー所属の三雲修は現在B級隊員で他3名とチームを組んで異世界への遠征隊員に選ばれるA級への昇格を目指しB級内でのランク戦を戦っています。先日、B級上位と闘ったのですが、あっさり負けてしまい、何とか今後のランク戦を勝ち抜くための方法を模索しています。その中でA5位チームの一員である木虎藍のところに自分が強くなるための対策を教えてもらいに来たのが今週の話でした。

しかし修の頼みに木虎はあっさり断ります。理由は「三雲くんを鍛えても B級上位に勝つのは無理だと思うのでー」さらに「自分は無意味な努力をしている人を見ると腹が立つの」
と言います。
修「ー”無意味な努力”….?」
木虎「努力というのは 目標を達成するためにするものよ」
木虎「あなたの目標はなに?」
修「それは…今期の遠征部隊に入ること・・・」
木虎「ーあなた達が遠征部隊選抜の資格を手に入れるにはチャンスは残り数試合」
「今訓練して あと数試合のうちにB級上位と渡り合えるようになると思ってるの?」
修「だからと言って鍛えるのをやめていいってことにはならないだろ」
木虎「目の前の目標から目をそらして方向の違う努力に時間を費やすというならばそれは単なる現実逃避よ」

・・・つまり、ここで木虎が言いたいのは、修達の目標は「遠征部隊選抜の資格を手に入れること=B級上位チームに勝つこと」であって、「修が強くなることではない」、ということです。

目標を達成するために努力はしなければなりませんが、その方向性は目標達成のためにふさわしい方向でなければなりません。そうでなければ、せっかくやった努力の効果の出方が小さくなります。この話の後、木虎は修が強くならなくてもチームとして勝つ可能性の上がる効果的な手法を教えるのですが、それは残り時間が余りない中であまり器用でない修でも出来る対抗策でした。

いちばん大切なのは目標を達成することであって、“頑張った”という満足感を得ることではありません。従って、目標を達成するための必要な条件と現在の状況(残り時間や保有のリソース・能力)を照らし合わせて、どうすればベストなのか考えなければなりません。また、自分だけで解決策が見つからないならば他の人に頼むことも重要です。

なかなか解決策の見つからない目標がある場合、人は往々にして目標をすり替えてしまうことがあります。よく言われる目標と手段を取り違える様なことです。その場合によくあるのが、簡単にできることに走ってしまうことです。解決策に向かって出来ることから実行すること自体は間違いではありませんが、それで目標達成が出来るかというと別の問題です。

上の話で言うと、修自体がが強くなる訓練は今比較的簡単にできることでしょうが、それをやっても残り数試合(数週間)しかない中では、上位チームに勝てるようにはならない、ということです。

結構、そういう例は多いように思います。工場での操業課題に対し、研究でラボ実験をやること自体は悪いことではありませんが、それが工場の操業を正確に反映していないならば問題解決にどの程度役に立つか、ということ。あるいはわざわざ研究でやらなくてもよいことでも“研究のお墨付きが欲しいから”みたいなよく分からない理由でやっていることもある感じます。

“取りあえず手を付ける”、“拙速”が奨励されることもありますが、“段取り”が要求されることもあります。目的・目標は何か、現状把握と課題整理、対抗策をきちんと立ててから、問題解決に取り組むようにしたいと思います。





posted by もりもり at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430134424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。