2015年10月04日

「百年以上続いている会社はどこが違うのか?」

以前書きました能率協会の講演会であった田中 真澄氏の「百年以上続いている会社はどこが違うのか?」を読みました。

知っている人は知っていると思いますが“企業30年説”というのがあります。これは一つの事業を行っている企業の創業から衰退までが30年である、つまり企業の寿命は30年ということです。そこから考えると、100年以上続く企業というのは非常に優秀な企業で、事業が続くような努力をしている、ということです。

著書の中で日本にいかに長く続いている企業が多いかを示す資料として韓国の中央銀行が2008年にまとめた報告書『日本企業の長寿要因および示唆点』が引用されていました。そこに掲載されている「200年以上の老舗世界ランキング」では5586社(合計41か国)ある中で、その3146社(全体の56パーセント)は日本にあり、日本は断トツの世界ナンバーワンの老舗大国なんだそうです。ちなみに2位以下は第2位ドイツ837社、第3位オランダ222社、第4位フランス196社、第5位アメリカ14社、第6位中国9社、第7位台湾7社、第8位インド3社、だそうです。

企業の価値というのは、色々ありますが“永続性”も大事な一つだと思います。企業が社会で存在できるのは、何かしらの存在意義がある=社会に必要とされている、からだと思います。それを百年以上続けるというのは並大抵のことではないでしょう。

さて、では百年以上続く会社の共通項は何でしょうか?ということがこの本のテーマであり、いろんなことが書いてありましたが、私は“持続性のある経営理念”だと感じました。これを哲学と言ってもよいのですが、昔からあるお店などによくある“家訓”というやつです。この本の中でも老舗の“家訓”としていくつか紹介されています。

それをまとめてみると以下のようなポイントがあるのかな、と思いました。

1.正直
無理をせずに、無理を相手に言わずに、一攫千金を狙わず、正直に稼業に打ち込み、着実に生きて生きていくこと。

2.倹約
家を守るために行うべきことは倹約であり、その倹約の実行を支える心のあり方が正直だとされます。ここで確認しておきたいのは、倹約とケチは違うということです。
倹約は予め決めたことには支出するものの、衝動的な買い物はしないという習慣を身に付け、「入るを量りて出を制す」の精神のもとで、収入の80%以内で生活することを意味します。

3.勤勉
京都中山人形店の「商人の教則」では、「朝早く起き出て、店を清掃し、商品を整理し、顧客が来訪時に差支えなきようにし、他店に先んじて店を開くことは、自店の勤勉さを表し、顧客の信用を得る第一歩である」としています。

4.陰徳
陰徳とは人に知られないようにして世のために善いこと行う行為を指します。

大事なのは上の家訓のポイントを守ることが事業の継続性に寄与している、ということです。何か道徳か倫理的な話になって恐縮ですが、こういったことも心がける必要があるのかな、と感じました。



posted by もりもり at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427238845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。