2015年09月09日

一計百案

中央線社内に武蔵野大学の広告が載っていて、そこで毎回大学の教官へのインタビューが掲載されています。今回は建築デザイン学科の伊藤教授だったのですが学生へのメッセージやアドバイスとして良いことを言われていました。

以下引用です。
・・・・・・・
伊藤 :学生たちに、「一計百案」という言葉を伝えています。1個のプランに対して、100個の案を出すという意味でしょうか。この言葉は、学生時代に恩師から授かった言葉です。とにかくたくさんのことを考え尽くしなさい、いろいろな角度からあるいはいろいろな可能性に向けた検討をし尽くしなさい、ということです。また、たくさんあればいいというわけではなく、同時に、安直に答えを求めないということでもあります。最近は、インターネットで検索してすぐに答えが得られる時代になり、一種の社会問題化しています。便利な社会になっている一方で、情報の真偽を疑う、新しい考え方を自分なりに構築する力が失われているように感じます。思考力・判断力・批判力の欠如です。デザインは、唯一絶対の答えがない世界。学生にも、建築デザインを通じて、その思考法を培ってほしいと接しています。
http://www.musashino-u.ac.jp/guide/public_relations/train_message/2015/136.html

・・・・・・引用終わり

答えが無いものの答えを探すのが研究であり仕事です。特に、新しいもの、誰もやっていないものは、いくらインターネットで答えを探しても世の中に答えはありません。それをどうするか?考えて、考えて、考え抜くしかありません。まさにここで言われている「一計百案」ということだと思います。

これはすごく大変なことですし、なかなか結果が出ないのでつらいことでもあります。しかしながら、だからこそやりがいのあることでもあります。世の中に答えがあることをやっているということは、結局誰かの猿真似をしているということでしょう。我々はサルではなくて人間です。何か新しいことを創造・想像できるのが人間だと思います。人間としてプライドを持って、悩んで、悩んで、考えて、考えて世の中にないことをやっていきたいと思います。
posted by もりもり at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。