2014年09月21日

今やる人になる40の習慣

「今やる人になる40の習慣」という本を読んでいました。著者は林 修先生、「いつやるか?今でしょ!」の台詞で有名な東進ハイスクールの先生です。

本書では先生の台詞の通り、何事にもグズグズしないで、『今やる!』ことの重要性を説いています。そしてその為の心がけなければならない習慣をタイトル通り40挙げています。

最初に挙げているのが“デスクを「戦闘態勢」に変えておく”、つまり机の上を整理整頓しておきなさい、ということです。ただしこれはあくまで“戦闘にすぐ取りかかれるような状態しておく”という意味合いで、机の上から何も無くしろ、ということではありません。一方で、「一か月も使っていないようなものは、少なくともデスクの上に出しておく必要はありません。」とも書かれています。要は使うものは机の上に、使わないものは棚にしまうか捨てなさい、ということです。

先週の安全パトロールでもやはりあちこちに古いサンプルが残っているのを見つけました。これも皆さん「いつか使うだろう」といって残して起きがちですが、一定期間経っても使わないものは使わないものです。先週に書いていたムダを切り捨てるのと同じことです。また、この本に限らず整理整頓本の最初にあるのが“不要なものを捨てる”ということです。まずは、そこから始めましょう。

もう一つ紹介すると、「コミュニケーションの取り方を使い分ける」ことが挙げられていました。現在のビジネスシーンにおいて、相手と連絡を取ったり、交渉をしたりする際のコミュニケーション方法は、主に1.メール、2.電話、3.対面交渉(=直接会う)の三つだと思います。これらをそれぞれの長短を把握して使い分けなければなりませんがこの本ではその相違を、記録性、利便性、拘束力の三つの観点から捉えています。拘束力とはちょっと分かりにくいですが、ある手法を用いてコミュニケーションを取った際に、どの程度相手を支配できるか、あるいは相手の自由を束縛できるかの度合い、と考えてください。

 ・メール 記録性=◎ 利便性=◎ 拘束力=× 
欠点は拘束力の弱さ、すなわち、自分の要求が相手に本当に伝わっているかどうかもわからないし、また、相手に無視されてしまうと、そもそもコミュニケーションが成立しません。そういう意味では、ちゃんと伝わったことを相手に理解してもらうために、メールは受け取ったらすぐに返信(回答できなくても受け取ったことだけでも伝える)が必要になります。

 ・電話 記録性=× 利便性=○ 拘束力=○ 
最近はメールが普及したおかげで位置づけが微妙になっていますが、メールと組み合わせて使うとか、記録性が無いとか、本来なら対面交渉を行うべき相手が、遠隔地にいるがゆえに、電話で交渉するというケースなどに使用するケースがあると思います。

 ・対面交渉(=直接会う) 記録性=○ 利便性=× 拘束力=◎ 
交渉や討論する場合はこれが一番でしょう。相手からすればわざわざ来てくれた、というように感じるので、何か事が起きた場合には、「できる」人は、ただちに相手のところに飛んでいくのです。

上の使い分けは林先生の意見ですが、私としては、最近はメールに頼りすぎているような感じがしています。色々見ていると長々書かれたメールは打つのにも時間がかかるので、そういうのは電話でさっさと連絡した方が良いのでは?と思うことも度々あります。事務連絡などの記録を残すものやファイルを送付するのはメールですが、討論するものは電話か対面交渉だと思います。長々と文章で何回もメールで交渉しているのをたまに見ますが、それならば他の方法でやればよいのに、と思います。要は効率性と記録性を見ながらの使い分けだと思います。

もう一つ、「努力はベクトル量と考える」ということがありました。努力をしても方向が間違っていれば、期待した結果が得られ無い、という話です。確かに料理人になりたい人が毎日10km走って努力しても、何時間も料理を作り続けられる体力はつくかもしれませんが料理はうまくならない。やはり料理人になるためには料理の勉強をするのが正しい方向です。間違った方向での努力では意味がなく、自分はこれだけ努力しているのにと不満だけが溜まるのです。まず、この方向でよいのか、もし、確信が持てなければすぐにアドバイスを求め修正する必要があります。

最後に習慣では無いですが、この本に書いてあった面白いことなんですが、ランクの落ちる大学の合格者に聞くと、「かなり勉強した」、「相当勉強した」という回答が非常に多く出るという特徴があるそうです。逆にランクの高い大学に行った人ほど、勉強をしたと感じないようです。実際には一日8時間以上勉強しているので、勉強はしているのですが、本人は当然と感じているので自分は努力している、なんて感じないようです。他の人からみると大変なことでも本人が当たり前と感じている努力が、成功の秘訣なのかな?と思いました。


posted by もりもり at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。