2013年12月15日

己の欲せざる所は、人に施すなかれ

先週(12/8〜12/14)のカレンダーの言葉は論語の
「己の欲せざる所は、人に施すなかれ。」でした。

“自分がして欲しくないと思うことは、人にしてはいけない。  ”

これは、孔子が弟子の子貢に「一生守ることができる徳目はないでしょうか」と聞かれたときに、「其れ恕か。己の欲せざる所は人に施す勿れ(それは、思いやりというものだ。自分がして欲しくないことを、人にするべきではない)」と答えた、ということです。
人間関係の初めとして、相手に対する思いやり、相手の嫌がることをしない、というのが基本にあるのだと思います。


posted by もりもり at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382767772
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。