2013年11月17日

「半沢直樹はありえない」という米国人の言い分


「現場力」「見える化」で有名な遠藤功氏(早稲田大学ビジネススクール教授 ローランド・ベルガー会長)の「「半沢直樹はありえない」という米国人の言い分」という記事を見つけました(今ごろ半沢直樹と言ってもね。記事を見たのは結構前なんですが、書くのが遅いもので)。
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/po-20131101-11116/1.htm

記事のタイトルに関する所はあまり関係なくて(もちろんそれなりに「なるほど」と思いながら読んでいたのですが)、話したいのはサラリーマンの出世とやりたい仕事をすることに関係した部分です。以下、記事のその部分です。

・・・・・・・・
本店次長への昇進が決まったとき、半沢は同期にこう語る。「俺はもっと上に行く。上に行ってやることがあるんだ」。
この半沢の言葉は世のサラリーマンたちにとても大切な投げ掛けをしている。それは「上に行かなければ、やりたいことはできない」ということだ。
半沢の場合、その目的は復讐だったが、多くのサラリーマンの場合、それは「やりがいある仕事」を手に入れることだろう。組織の中で大きな仕事を成し遂げたいと思えば、出世し、権限を手に入れるしかない。好きとか嫌いとかは関係なく、それがサラリーマンというものなのである。
・・・・・・

組織の中で動いているサラリーマンがどういうものか、という本質を突いていると思います。そして出世のために「上司に媚びてでも早く出世せよ」と述べています。出世を狙うならば評価をする上司に高い評価をしてもらわなければならない、その為には媚びてでも受けを良くしろ、ということだと思います。“媚びる“という表現は極端だとしても、上司の受けを良くすることは必要でしょう。もっとかみ砕いて言うと、上司の意図や思想を考えてそれに沿うように行動すべきと言うことです。もっとも、ちゃんとした上司だと媚びていることもお見通しかもしれませんが。

もうひとつおもしろかったのが“時間軸”の話です。
以下引用します。
・・・・・・・・
一介のサラリーマンである限り、時間軸は長くとらざるをえない。じっくりと構え、力を蓄え、出世にこだわり、大きな仕事と出合えるチャンスを待つ。そして、いよいよ巡ってきたときに、組織をダイナミックに動かし、大きな仕事をしでかす。それこそがサラリーマンの醍醐味だ。
・ ・・・・・・・

時間軸を長く持って忍耐で仕事をしなさい、ということなんですが(昔、上司に「嫌な上司がいてもそいつの方が年上なんだから絶対自分より先に居なくなるからそれまで耐えておけ。」と言われたことがあります。)、遠藤さんはそれができないので会社を辞めて、自営になったそうです。

いずれにせよ、サラリーマンは組織戦です。組織で戦うためにすべきこと、また、長期戦で戦うために必要なことを考えすべきだと思います。逆にいえば、組織で戦えない、長期戦ができない人は遠藤さんみたいに会社を辞めて自営になった方が向いているかもしれませんね。




posted by もりもり at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380473906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。