2013年10月27日

今年のイグノーベル賞

今年のイグノーベル賞の化学賞は「タマネギを切った際に涙が出る原因となる新たな酵素の発見」によってハウス食品グループ本社の中央研究所研究主幹、今井真介氏が受賞されました。研究企画がやっている新聞記事の切り抜きにも載っていたので、見た方も多いかもしれません。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20131021/254849/?rt=nocnt
そもそもイグノーベル賞(Ig Nobel Prize)とは、ノーベル賞のパロディーとして、「人々を笑わせ、そして考えさせる研究」に対して贈られるもので、ユニークな研究が多いので本家のそれとは別の意味でこの賞は楽しいです。私のお気に入りは牛の糞からバニリンを取った、というやつですけど、これ、実用化するなんて話にはならないんでしょうね。バニラビーンズから抽出するよりはコストは安いそうですけど。

イグノーベル賞の受賞研究を見ていると、研究者としては「研究とはなんぞや」、と思います。本当に“これぞ研究!”みたいな、ある意味くだらない、根本的に自分が興味があったからやった研究とか、そんなのやってどうするの?みたいな研究も多くあります。

ただ、研究の根本は自分の知的好奇心にあるので、自分が「なぜだろう」と疑問に思う、自分で知的興味を持つことは重要です。「言われたからやる」「言われたことをやる」という姿勢では研究は出来ません。そういう意味で最近の研究所は「研究しているの?」「本当にここは研究所か?」とはよく思います。

企業なので、最終的にお金にしなければならないのは当たり前なのですが、一方で研究者としてのプライドはきちんと持ちたいですし、持つべきだと思います。



posted by もりもり at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378707834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。