2012年12月23日

あすの事きのうの事に渡らずとただ今橋をわたれ世の人

先週(12/16〜12/22)のカレンダーの言葉は江戸中期の心学者、中沢道二の
「あすの事きのうの事に渡らずとただ今橋をわたれ世の人。」でした。

“「道二翁道話」より。過去や先のことを気にしてもしようがない。ただ、今に専念して世を渡れ。人は今にしかいきられない、今しっかり生きていればそれが過去になり、将来につながる。”

過去のことを反省することも大事、将来のことを夢見て計画することも大事ですが、それも今があってのことです。まずは、今をしっかりすることが一番と言うことでしょう。



posted by もりもり at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/309434009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。