2012年12月02日

冬来たりなば春遠からじ

先週(11/25〜12/1)のカレンダーの言葉はイギリスの詩人シェリーの
「冬来たりなば春遠からじ」でした。

“「西風に寄せる歌」より。寒く厳しい冬が来たら、やがて暖かい春がやってくるのも、そう遠いことではない。今が辛くても、もうすぐ明るい希望の日がやってくる。”

有名な言葉なので皆さんご存じだと思います(ATOKは自動で出してくれました)。
今、私の研究室はしんどい状況ですがそこを抜けないと会社の次の発展はありません。まあ、いつかは春が来るだろうということで、冷静にやるべき事の順番をつけて片付けていこうと思っています。

posted by もりもり at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。