2012年03月28日

指差呼称について

安全活動の一つとして指差呼称があります。これはそもそも日本国有鉄道(国鉄、いまのJR)の運転士が行う信号確認の動作に始まった安全動作です。

目で見て
腕を伸ばし指で指して
口を開き声に出して「○○○、ヨシ!」
耳で自分の声を聞く
という一連の確認動作を注意を払うべき対象に対して行うことで、ミスや労働災害の発生確率を格段に下げることができることが既に証明されています。

指差喚呼による確認は、ただ見て頭の中で確認するだけの場合に比べて、指で指すという動作や声に出す、それを聞くという目以外の感覚を使うことで作業者の意識レベルを高めるものです。受験勉強のときに、ただ参考書を読んでいるだけではなく書いたり声に出したりした方が記憶率が高くなることやスポーツで言う“体で覚える”といったことと類似の効果になります。

もう少し細かく言うと次の様になります。
1)注意の方向付け
人間の意識水準は常に一定していられるわけではありません。車の運転では2時間ごとに休憩をとることを推奨しているように集中できる時間は限られています。脳を上手に使い分け、重要な操作・確認の際には意識的に注意を能動的に向ける必要があるために、指差呼称は有用といわれています。

2)多重確認の効果と脳の覚醒
指差呼称は、腕と指で確認の対象を指し、見たものを口に出して言い、いった言葉を自分の耳で聞く。このように腕、指、口、目の筋肉を動かすため、脳の覚醒を促し意識レベルが切り替えられ、確認の精度が上がります。

3)焦燥反応の防止
いつもは確認するのに忘れてしまう原因には、急いでいた、焦っていたというような焦燥反応があります。これにより、確認と判断を行う前に次の操作や動作を行ってしまいエラーにつながります。

指差呼称は外出前の火の元の確認や施錠の確認にも効果があります。習慣づくまで意識的に行ってみましょう。

http://www.kameda.com/about/selfcare/column_07.html

指差呼称関連グッズはこちら
posted by もりもり at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 部下の指導・育成:コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。