2010年10月03日

部下に主体的に仕事をしてもらうには


部下に仕事を任せなければいけないと書きました。その時に、上司が如何に我慢するか、どこで手を出すかもポイントですが、同時に如何に本人にこの仕事は自分の仕事だ、この仕事は自分が中心になって解決しなければいけないんだ、と自覚させることが重要です。

私は、部署の課題リストを作成する際に“主担当者”という欄を作ります。この欄に名前が載っている人間がその案件に関しては主体となって解決するということです。業務ミーティングの度にそのリストを全員の前で確認しますので、その度にその仕事は自分が主担当であるとうことが本人は自覚できるということです。

もう一つは、本人に決めさせるということです。上記の主担当を決める時にもまずは本人に相談し、本人が“やりたい”というように仕向けます。そして、その後も締め切りを決めたり、何をやるかということについてもまずは本人から意見を出してもらうようにし、それ対し周囲がアドバイスをしたりします。その上で、最終的に決めるのはあくまで本人にやってもらうようにしています。自分で決めることで、自分が主体である自覚と責任が出てくるからです。

コーチングを学びたい方はこちら

部下の指導方法を学びたい方はこちら

上司の心得を学びたい方はこちら
posted by もりもり at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 部下の指導・育成:コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164552517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。