2010年06月10日

部下の育成は管理職の最優先の仕事


管理職の重要な仕事の1つが部下の育成です。人によってはこれが最優先で、これだけやっていれば良いと言う人もいます。

忙しくて手が回らないという方もいると思いますが、そもそもなぜ忙しいかといえば、上司であるあなたが仕事を抱え込んでいるからではないでしょうか。
忙しいと思う人ほど、できるだけ早く部下を育て、仕事を任せるべきです。

中には、部下を育てて仕事を任せるよりも、自分で処理したほうが効率的と言う人もいると思います。確かに目の前のことだけ考えればそうだと思います。しかし、自分ひとりできる仕事はいくら優秀な人でも1.2〜1.3人分くらい、1.5人分仕事できればすごいでしょう。ところが、一人前になった部下が何人もいれば、その人数分だけ仕事が進むことになります。

通常、管理職の評価は、任されている部門や部署の業績によって決まります。たとえ、部下の育成自体は評価の対象になっていないとしても、育てた部下といっしょに業績を上げれば評価も上がるはずです。結局、部下を育てることは上司であるあなた自身のためにもなることなのです。

昔上司に、「上司にとっての究極の仕事は、自分の仕事を無くすことだ。自分がいなくてもその部署が回る様にすることだ。」と言われたことがあります。確かに、自分が何もしなくても仕事が回るようになれば大成功といえるでしょう。また、自分の仕事が無くなると自分のポジションがなくなるのではないかと心配する人もいますが、私に言わせるとまったく逆で目の前の仕事を全部部下に任せることができる様になると自分の時間を確保することができる様になります。すると、落ち着いて自分の部署について考えることが出来るようになりますので、より広く、長い時間スパンでの課題が見えてきます。それにより、さらに長期的な課題も見えてき、いわゆる戦略を練ることが出来るようになってくるのです。自分がより一段高い仕事をする為にも部下の育成は必要事項です。

コーチングを学びたい方はこちら

部下の指導方法を学びたい方はこちら

上司の心得を学びたい方はこちら
posted by もりもり at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 部下の指導・育成:コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152300132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。