2010年05月11日

「我慢、挑戦、根性だ!」自分と勝負して、克己心を取り戻せ。丹羽宇一郎氏が説く新しいリーダーの条件!

新・ニッポン開国論 〜今こそ、ナンバーワンを目指そう!〜
丹羽宇一郎 著 日経BP社


2001年10月から2009年9月まで続いた「日経ビジネス」の人気連載「経営者の眼」「終わらない話」の書籍化。過去の記事への加筆分に加えて、国内での最新インタビュー、中国での現地インタビューを追加収録。
企業で働くビジネスパーソンへは自己研鑽の方法や考え方の指針を与え、企業の幹部には組織のあり方の再考を促し、コミュニケーションの重要性を訴える。さらに、これからの社会や国家のあり方についても提案している。

序章 リーダーの品格を問う
1章 「オンリーワン」なんて言い訳だ―エクスキューズ症候群(アジアに目を向けて生きよ
中国を見ずに今後の経済を語るな ほか)
2章 クルマザ、語り場を取り戻せ―子羊パンデミック症候群(不況期こそコミュニケーションを不祥事は永遠に不滅です ほか)
3章 世界に目を開き、飛翔せよ―タコツボ化症候群(国は誰のカネをばらまいているのか
介護無策で国民の不安は消えず ほか)
4章 再び日本に日は昇る―脱ミーイズム(煎じ詰めれば経営者の責任である
この国の若者が半減することは確定している ほか)


posted by もりもり at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149360595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。