2009年12月01日

日銀が10兆円の資金供給追加を行うそうです。


 日銀は本日開催された臨時の金融政策決定会合でコール市場向けに10兆円規模の新たな資金供給策を追加することを決定したそうです。これにより現在の強力な金融緩和のさらなる浸透
をはり、景気回復、デフレ脱却、物価安定、成長継続を狙って行くそうです。効果がどの程度あるかは素人の私には良く分かりませんが、これにより日経平均は午後に大幅続伸したところをみるとかなり期待してよいのでしょうね。

---------------------------------------------------------------

 日銀は1日、臨時の金融政策決定会合を開き、金融機関が資金をやりとりする短期金融市場向けに、10兆円規模の新たな資金供給策を追加することを全員一致で決定した。年0.1%の固定金利で、期間は3カ月。やや長めの金利の低下を誘導するのが狙いで、日本経済がデフレから脱却し、物価安定の下で持続的な成長経路に復帰するため、政府と歩調を合わせて金融面から支援姿勢を強めることを明確にした。

* 参考URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091201-00000094-jij-pol


日銀が1兆円の即日資金供給:時々時事爺

3カ月後には為替も落ち着いてるかも知れんな。 日銀は2日午前、短期金融市場に即日で1兆円の資金を供給すると発表した。日銀は1日に、国債などを担保に固定金利0.1%で融資する新たな資金供給手段を導入する追加金融緩和を決めた。供給規模は10兆円。 ...



日本銀行総裁記者会見要旨(11) - FXデイトレード投資法

以上のような情勢判断を踏まえ、日本銀行としては、新しい資金供給手段を導入し、実質ゼロ金利といえるきわめて低い一律固定の金利で、3か月というやや長めの資金を十分潤沢かつ安定的に供給することとしました。資金供給の規模は、当面10 兆円程度を ...



プレーンバニラ金融とエキゾチック金融 時事英語ブリーフィング ...

草野氏によると、エキゾチック金融の市場規模は6京円程度と、従来の「プレーンバニラ」金融(5000兆円から6000兆円規模)の約10倍に達する。 各国当局は公的資金の投入や金融緩和により過剰流動性を高めようとしているが、「エキゾチック金融時代 の証券化商品は元来流動性があるものではないので、いくら市場に資金を供給しても効果が薄い」と述べている .... 首相が日銀総裁に内定した松下康雄氏にデリバティブとは何かと尋ねると、5分間でわか... ...続きを見る. 投資一族のブログ 2008/12/11 21:10 ...


posted by もりもり at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134451004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。