2009年05月03日

熱狂の日に行ってきました

私は今日は有楽町の国際フォーラムで開催されている“熱狂の日”に行ってきました。
知らない人に簡単に説明しますと、4月中旬から有楽町・丸の内界隈で開催されるクラシック音楽のイベントで、この期間は有料・無料のイベントがあちこちで開催されています。メインはこの5月3,4,5日に国際フォーラムの各ホールで有料のコンサートが開かれますが、クラシックのコンサートにしては極めて安価でお得です。私が本日行ってきたのではA席で1500円、中高席はなんと500円でした。
今年の特集はバッハで、私はロシアからきたテレム・カルテットという4人組の演奏を聴きました。コントラバスならぬコントラ・バラライカという日ごろ見られないような楽器の演奏をしてくれて非常に面白かったのですが、ロシア風にアレンジしてくれたおかげで全然バッハと言う感じではありませんでした。それはそれでロシア風で面白かったですけどね。この会はチケットの半券があれば聞けるコンサートもありますし、国際フォーラムの地上の広場や有楽町から東京駅の丸の内口までのあちこちで無料のコンサートもやっていますので、お金を掛けないで楽しめますので、お勧めです。


ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭 2007 ...

「熱狂の日」音楽祭2007・先行発売 (Tany&wife's blog from 新浦安): ゴールデンウィークに、丸の内の東京国際フォーラムで、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭が今年も開催されます。 ... ドヴォルザーク:交響詩「金の紡ぎ車」作品109 ,B197 (クラシック音楽案内): 今日部屋の整理をしていたら、1枚のCDを発見しました。 ドヴォルザーク:交響詩集(管弦楽のバラード) 例によってラトル指揮・ベルリンフィルのものだったのですが、買っただけでほとんど聴いたことのないものでした。 ...



ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2009 - 千の ...

毎年、GWは外出をしていて東京にはいないのだが、今年はひきこもり休暇にしようと思い、5月5日にようやく重い?腰をあげて有楽町の国際フォーラムに向かう。あいにくの雨、中庭のテントの屋根を叩く雨音が聞こえるのだが、それでも大勢の人々でちょっとした 混雑ぶり ... 不況だの、観客動員数が落ち込んでいるだのささやかれるクラシック業界でも、「熱狂の日」と大々的に宣伝をかけ、安価な料金で気楽に祭り気分、でも一流の演奏家、45分?1時間程度のファーストフード感覚の演奏時間でも中身は”本モノ”で” ...



「熱狂の日」ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン - 小暮満寿雄 Art Blog

一昨日、有楽町の国際フォーラムで開催された「熱狂の日」ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに行く。これで3年目だが、毎年規模が大きくなり、”のだめカンタービレ”の影響もあってだろう、今年は大変な賑わいだ。 ... たしかに洗練よりも茫洋とした大きさを 感じさせる音楽だが、それがドヴォルザークにはピッタリくる。特に2楽章の美しさは絶品。嫁と義母は幸せそうに鼻提灯を膨らませていたが、クラシックのコンサートは美しいパートほど眠くなるもの。かくいう私もスメタナの演奏で、何度か意識が途切れる ...



ヒロチカのよもやま話:熱狂、覚めやらず・・・

昨日、有楽町にある東京国際フォーラムで開催中のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン「熱狂の日」音楽祭2007に行ってきました。 前々から噂には聞いていたクラシック音楽のEXPOでして、音楽好きには堪らない大イベント。「のだめ」ブームも手伝って ...



ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」にまた熱狂? - シャーロットの涙

だって国際フォーラムのホールってはっきり言ってクラシックを楽しむホールぢゃないですから;言いたいことはいっぱいありますよ。Cホールならまだしも、他はこんなに響かない所で歌わせるとか演奏させるなんて酷ですもの。 .... 「ラ・フォル・ジュルネ・オ ・ジャポン <熱狂の日>音楽祭2008」 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY): GWのイベントの定番となったクラシック音楽祭へ今年も行ってみました。今年のテーマとなる作曲家はシューベルトで、去年の民族のハーモニーほどに惹かれるものではなかったの ...



音楽 - ふかよんライフスタイルファンド日記?

私たちの娘は、音楽好きかもしれないと思うことがありました。 母乳を飲んだり、おむつを替えたりすることを求める時ではないはずであるのに、泣き止みませんでした。 私は、抱き上げて、得意のクラシック音楽を唄うことをやってみました。 ... のピアノ 協奏曲第3番だけ、CDを聞きながら、私もおもにピアノの音を唄いました。 最後まで、子供は泣かずに聴いてくれました。 ゴールデンウィークに開催される「熱狂の日」(@有楽町 東京国際フォーラム)の「0歳児のためのコンサート」に連れて行きたいです。 ...



コルボ&amp;ローザンヌ声楽アンサンブル「ロッシーニ;小荘厳ミサ ...

ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭 (Tany&wife's blog from 新浦安). 東京のGWといえば、なんといっても、 有楽町の東京国際フォーラムで開催されるラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭です。 ...



『スペイン奇想曲』Op.34 N.R=コルサコフ 教育系大学院生“Xie”かく語り ...

さて、ゴールデン・ウィークに有楽町国際フォーラムで行われた「熱狂の日音楽祭」、この『スペイン奇想曲』も演奏されるということなので迷わずチケットを購入した。 演奏はスペインのフアンホ・メナ指揮によるビルバオ交響楽団。 アルボラーダはまさに日 ...



ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン - ちょっといいな、ちょっと幸せ

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2009』。テーマは「バッハとヨーロッパ」。会場は、東京国際フォーラム全館及び大手町・丸の内・有楽町エリア 。会期は、4月28日(火)?5月5日(火・祝)。 5月3日 18:30?19:30 ホール? ... 終日、 街の中に音楽が溢れる日。音楽が宙を舞うように、自由に羽ばたいているようで解放感があります。演奏者の近くでライブを楽しむのもいいし、お祭から少し離れたところで、BGMのように音楽を聞くのもいいなと思いました。 東京のビル街にクラシックの響きは ...



ラブトラバンク:音楽 - livedoor Blog(ブログ)

行ってきました、'THE QUARTET'のライブ。おそらくこのメンバーでの来日は二度とないであろう、逃す手はない。 会場は約5000人収容の東京国際フォーラム。ほぼ満席である。そりゃ、これだけの面々がカルテットでやるとなりゃ、いっぱいにならないはずがない。 特に注. ...... JUGEMテーマ:クラシック音楽. 392. ベートーヴェン:七重奏曲/弦楽五重奏のためのフーガ/ウイーン・フィルハーモニー室内アンサンブル [ いい音楽のあるくらし ] 2008年02月04日 08:45. JUGEMテーマ:クラシック音楽 ...





posted by もりもり at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。