2015年09月27日

“私の履歴書”キリンビールの荒蒔康一郎氏

読んでいる方もあるかもしれませんが、日経新聞の“私の履歴書”は現在キリンビールの元社長の荒蒔康一郎氏が書かれています。この方は変わった経歴で、ビール会社の社長に就任するのにビールの仕事に携わったことがありません。小岩井乳業への出向や医薬品部門の責任者など、いわゆる新規事業部門をずっと歴任されています。そんな傍流を歩まれた方がいきなり社長になっている、ということで興味を持って毎日読んでいます。

そんな中で先日の回では某食品会社と新規事業の話が持ち上がって色々検討したが、結局頓挫した、ということが書かれていました。その後荒蒔氏が感じた新規事業に必要なことが述べられています。

以下引用
・・・・・・
振り返って新規事業がなぜ生まれないのか考えた。キリンには技術の蓄積があるが、理詰めでやって芽を摘み取ってしまう。新規事業には強い意志とベクトルを持ち、別世界に向かうジャンプ力が大事だと思った。
・・・・・・引用ここまで

本業をやっていく方法・その為に必要なものと新規事業を行うのに必要なものは全く別物だと思います。ここでも何回か書いたような気がしますが、既存事業をやっていくにはすでに出来上がったシステムの中でいかに効率良くそのシステムを回して仕事を進めていくかが大事ですが、新規事業の場合は何をすれば良いのか、どこに向かうべきか、全く分からない中で、ものごとを進めなければなりません。既存事業に比べてはるかに難しく、不安定な状況の中、強い意志を持って、しかも柔軟でスピーディーな判断で進めていかなければいけません。

実際のところ、そういったことができる人材はなかなかいないと思います。“中途採用”という考えはあるとおもいますが、これもそれに対しての色々な考えがあると同時に中途採用で良い人材を採用できるノウハウも必要だと思います。それを積み上げるのには時間が掛かります。素早くやるのに一番早い方法は、そこにいる人間が素早く変わることだと思います。既存事業の頭と新規事業の頭、目の前の細かい実験の視点と広い会社全体を見た視点、のように相反するものを適時素早く切り替えて、対応を変えていくことで物事をどんどん進めていくことが出来ます。

これは非常に難度の高い要求だとは思いますが、やはりそういうことをやっていかなければ会社が生き残れません。また、日本全体が成熟して新興国との競争に晒されている中では、どこでも同じような話はあると思います。大変だとは思いますが、そういったことを意識しながら仕事に取り組むべきだと思いました。


私がお酒を飲み出した頃はキリンのラガービールが定番だったのですが、すっかり影が薄くなってしまいました。今のラガービールは昔のように苦くないし・・・。
posted by もりもり at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

早寝早起きと健康維持

プレジテントのオンラインで「初公開! 有名社長15人の朝ごはん&朝習慣」という記事がありました。
http://president.jp/articles/-/13753

記事から皆さんの行動パターンを抜粋して以下に引用します。
・・・・・
岩上潤一:ネットアップ社長 5:30起床 6:30朝食 7:30最寄り駅に到着
樋口武男:大和ハウス工業会長 6:00起床、洗顔、服薬、着替え、朝食 7:25出勤
谷田千里:タニタ社長 6:00起床・洗顔  6:20朝食 7:30会社へ
梅野正人:UPSジャパン社長 5:30起床、シャワー7:30出勤
澤田道隆:花王社長 6:00起床  6:15朝食 7:00出勤
ロバート・R・ルートン:マスターカード・ワールドワイド日本地区社長
5:30起床 6:30朝食 7:30出勤
原田泳幸:ベネッセホールディングス会長兼社長 4:00起床 7:00朝食 8:00オフィスに
玉塚元一:ローソン社長 5:30起床 6:30朝食 8:00出勤
三木泰雄:ヴイエムウェア社長 6:00起床 6:30朝食 8:00出勤
浦上博史:ハウス食品グループ社長 5:00起床 7:10朝食 8:00出勤
山本忠人:富士ゼロックス社長 6:00起床  7:00朝食準備、朝食 8:00出勤
安渕聖司:GEキャピタル社長 6:00起床 7:00軽い運動 7:20出勤
堀紘一:ドリームインキュベータ会長 7:30起床 8:30身支度を整えて、出勤
大崎洋:吉本興業社長 7:55起床目覚めて「よぉ〜し!」とつぶやく
8:15出勤、途中でコンビニに寄って車内で朝食  9:00オフィスに到着
星野佳路:星野リゾート社長
5:00〜8:00起床、洗顔、シャワー、歯磨き、身支度。起床から20分後には出勤
・・・・

まず気づくことは、皆さん押し並べて早起きだということです。ドリームインキュベータの堀さんと吉本興業の大崎さんを除くと皆さん5時から6時に起きられています(ベネッセの原田さんは4時とさらに早いですが)。また、出勤時間も早いです。8時までには出勤されている方がほとんどです。先々週くらいに、能率協会の講演会で「早起きが大事」という話があった、ということを書きましたが、やはり早起きをして一日の初動を素早くすることが重要だということです。

もう一つは皆さん健康に気を使っている、ということです。メニューまでは上に引用していませんが、ほぼ皆さん朝食をきちんと栄養バランスを考えて取られています。星野リゾートの星野社長は朝食だけでなく昼食も取られない(一日一食だそうです)そうですが、それは体重維持のためだそうです。また、これも上に引用していませんが、皆さん起きてからまず間違いなく(軽い)運動をされています。

んな訳で、きっちり仕事をするためには早寝早起きと健康維持が大事だと思った次第です。



posted by もりもり at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

なぜ上司と若手社員の会話は言葉足らず?

ダイヤモンドのオンラインで「なぜ上司と若手社員の会話は言葉足らず?主語と目的語を話さないめんどくさい彼らの事情」という記事を見つけました。
http://diamond.jp/articles/-/46011

伝えたつもりが伝わらない、何を言われているのかわからない――、といった“ミスコミュニケーション”はよくある話です。なぜそうなるかという、主な理由は“言葉足らず”、つまり、主語や目的語が無かったり、“あれ”“それ”の様な代名詞を頻繁に使う、といったことがあります。

筆者によると、言葉足らずな言い方しかできない人には「天然な言葉足らず」「手抜きな言葉足らず」の2パターンがあるのだそうです。「天然な言葉足らず」は元々の性格で、話す時に省略しがちな人のことで、「手抜きな言葉足らず」はそこを省略しても相手が分かるだろうと考えていることで、これは親密度が高くていわゆる以心伝心やツーカーだから、というものと、相手をなめているので手抜きをしている、というパターンがあるそうです。

ちなみに、私の家では奥さんがよくこの言葉足らずのことがあり、子供たちはは分からないけど私だけ分かることと、家族みんなが分からない、ということが半々くらいです。皆が分からない時は「それじゃわからないよ」ということで詳細を聞き直します。

さて言葉足らずに対する対応ですが、結局は聞きなおさなければならないのですが、この記事の筆者の方は以下のように言っています。
以下引用
・・・・・
天然な言葉足らずの相手に対しては、教育的な見地から、

5W:Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(なぜ)
1H:How(どのように)

を添えて話すと、相手に理解してもらえるようになることを教えてあげましょう。

そして一方のただ手抜きで言葉足らずになっている相手に対しては、……舐められないように毅然な態度で接していく。こうして使い分けてみてください。
・・・・・・引用ここまで

5W1H(会社ではこれにHow mach:いくらか=お金、を加えて5W2H)は仕事を進める上で常に意識しなければならないことなので、これはいつも気にかけておくべきだと感じました。


posted by もりもり at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。