2013年11月17日

心は必ず事に触れて来る

先週(11/10〜11/17)のカレンダーの言葉は兼好法師の
「心は必ず事に触れて来る。」でした。

“「徒然草より」物事に触れると心がそれに触発される。素敵な映画を見れば恋をしたくなるなど、何かよいものに触れれば、心が潤ってくるはず。”

人間は環境に左右されます。良い環境にいれば良い精神状態になりますし、悪い環境にいればその影響を受けます。自分が日ごろ触れる物も環境の一つです。出来るだけ、質の良いものに触れる機会を増やした方が自分の心持にとって良いことだと思います。


posted by もりもり at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

人間は考える葦である

先週(11/3〜11/9)のカレンダーの言葉はブレース・パスカルの
「人間は考える葦である。」でした。

“「パンセ」より。人間は自然の中では、葦と同じように、もっとも弱い存在である。しかし、人間は考える力をもっている。みな、幸福になろうと考える。”

人間は“考える”から人間なのだと思います。もっともっと考えて、頭を使いましょう。


posted by もりもり at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

オセッカイこそ人間が生きていることの保証である

先週(10/27〜11/2)のカレンダーの言葉は梅崎春生(戦後の小説家)の
「オセッカイこそ人間が生きていることの保証である。」でした。

“「ぼろ屋の春秋」より。「オセッカイ」は、社会正義や愛からではなく、でしゃばりの精神から行うものなのではないか。しかし、オセッカイこそが、人と人を結びつけているのかもしれない。”


posted by もりもり at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。