2012年12月05日

「100円のコーラを1000円で売る方法2」(その2)

先週は永井 孝尚さんの「100円のコーラを1000円で売る方法2」からこの本ではPDCAサイクルを回すのに、Pを“計画”でなく“仮説”として設定、ある意味軽くすることでサイクルの回転数を上げて行くことが書かれていたと述べました。

この考えでは仮説→実行→検証→次の行動→次の仮説、という循環になります。これって我々の研究室でも身近にあると思いませんか?そうです、いつも実験で行っていることです。実験計画を立てて、実験、結果を考察して、今後の展開を考える、という流れそのものです。

本の中でも、主人公の弟がアメリカで化学の准教授をしているという設定で研究における実験の話が出てきます。彼は論文を数多く書くのに教授からのアドバイスで実験する前に簡単に論文を書くようにしたそうです。昔、一緒に仕事をしていた人で実験を始める前に特許を書いておく、といっていた人がいましたが同じ事だと思います。

要は、実験を始める=行動を起こす、前によく考えて、どの様になるか予測をつけてストーリーを作っておくと言うことです。ストーリーを作っておくと言うことは筋道を立てて考えなければならないので、行動する前に頭が整理されていることになります。すると、結果が出たときに、最初のストーリーと照らし合わせることで検証が素早く行えることになります。もちろん、最初の予測を立てるところであーでもないこーでもないとぐずぐすと時間を掛けすぎては元も子もないことはいうまでもありません。

この項を読んでいて最近ちょっと気になったのは、私の研究室のみんなはちゃんと考えながら実験しているのかな?ということです。ミーティングでも「何でこんな実験をしたの?」「ここでは何が起きているの?」と言った質問をしますが、満足な答えが返ってこないこともあります。

“仮説・検証”は私の会社では人事評定の研究員としての評価の項目にもあります。研究所にいる人間としては、この点は少し意識しながら行動してもらいたいな、と思いました。




posted by もりもり at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

冬来たりなば春遠からじ

先週(11/25〜12/1)のカレンダーの言葉はイギリスの詩人シェリーの
「冬来たりなば春遠からじ」でした。

“「西風に寄せる歌」より。寒く厳しい冬が来たら、やがて暖かい春がやってくるのも、そう遠いことではない。今が辛くても、もうすぐ明るい希望の日がやってくる。”

有名な言葉なので皆さんご存じだと思います(ATOKは自動で出してくれました)。
今、私の研究室はしんどい状況ですがそこを抜けないと会社の次の発展はありません。まあ、いつかは春が来るだろうということで、冷静にやるべき事の順番をつけて片付けていこうと思っています。

posted by もりもり at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。